FIFA21

【FIFA21】スカッドバトルで高ポイントを稼ぐコツ

本ページでは、FUT21内のCOM戦モードのひとつである”Squad Battles(スカッドバトル)”についての説明と、高ポイントの稼ぎ方についてまとめていきます。

スカッドバトルとは

スカッドバトルとは、毎週42試合のCOM戦の合計ポイントを競い合うモードのことで、月曜9時~翌週月曜9時の期間で行われます。報酬は期間が切り替わりランクが確定されるタイミングで配布されます。

42試合の内訳は通常の試合40試合+TOTWチームとの1試合+*注目のチームとの1試合の構成となっています。
*注目のチーム=プロ選手が選抜したスカッドで、かなり強い選手が使われています。
※上記画像は注目のチーム例

なお、TOTWチームと注目のチームの試合は繰り返し挑戦することが可能で、最新試合のスコアが総ポイントに反映されます。

FUT20からデイリー試合上限が撤廃され、いつでも対戦相手の更新が可能になりました。ゲームプレイをする時間が限られているユーザーにとっては嬉しい改変となりました。

FUT21の変更点

TOP101~TOP200までのランクが追加されました。

スカッドバトルの報酬について

スカッドバトルの報酬はランクにより異なります。

FUT19でのフルプレイ開始後初週の各ランクのポイントハードル

エリート1:約45,000
エリート2:約35,000
エリート3:約28,000

これらのラインを基準に報酬を狙ってプレイしていきたいところですね。

各ランクの基準値はリアルタイムで変動していきますので、FUTBINで各ランクのポイントを確認することもできますので、覚えておくと良いと思います。

スカッドバトルのポイント構成について

スカッドバトルのポイントは

難易度倍率×(対戦相手のスカッドレベル+試合結果+スキルボーナス)+ゴールボーナス

で決定します。

難易度によるポイント倍率

対戦相手の難易度により、以下のように倍率が変動します。

勝ち 負け
ビギナー ×0.5 ×0.2
アマチュア ×0.6 ×0.25
セミプロ ×0.7 ×0.4
プロ ×1.0 ×0.5
ワールドクラス ×1.6 ×0.6
レジェンド ×2.1 ×0.7
アルティメット ×2.6 ×0.7

より難易度の高い設定で勝利するにこしたことはありませんが、負けるリスクも鑑みて選定することをお勧めします。

対戦相手のスカッドレベル

(対戦相手のチームレート×3)+(対戦相手のチームケミストリー/2)で構成されます。

より強く、ケミストリーも高いチームが相手になるほどポイントがあがる仕組みです。

試合結果

試合結果によるポイントです。

勝ち:200ポイント
負け:50ポイント

が加算されます。

スキルボーナス

こちらは試合内容の様々な項目がポイントとして加算されます。
ゴール数や、枠内シュート数、ゲーム支配率、クリーンシート達成(無失点)、ファールで純減など様々なポイント加減が存在します。

ゴールボーナス

レベル ポイント数/G
ビギナー 20
アマチュア 30
セミプロ 40
プロ 60
ワールドクラス 100
レジェンド 140
アルティメット 160

上の表は、1ゴールあたりのポイント加算数です。なお、ポイントは最大5ゴールを上限に加算されるため、最大で付与されるのはアルティメットレベルの800ポイントとなっています。

スカッドバトルで高ポイントを稼ぐコツ

ここからが本題の「高ポイントの稼ぎ方」の紹介です。

このパートではスカッドバトルを得意とする方の動画を紹介させていただきます。

Gutiさん

Gutiさんはスカッドバトルで世界TOP6に入賞したことがある実力者です。Gutiさんの動画のスカッドバトルを戦う上での心得が非常に分かりやすかったので、一度ご覧になった上でプレイすることをお勧めします。

スコアが5-0でいかにクリーンな試合を増やせるかがカギとなりそうですね。

スカッドバトルについての解説は以上です。

TOP200を目指すのはハードルが高いと思いますが、エリート1までの範囲であれば努力次第(プレイ時間)により達成可能なラインなはずです。

これらを意識してより高報酬の獲得をめざしていきましょう!

あわせて読みたい
【FIFA21】FUTディビジョンライバルズを解説!本ページでは、FUT19から登場したDivision Rivals(ディビジョンライバルズ)について紹介していきます。 ディビジョンラ...